くろねこはうす~IT情報のことならクロネコにおまかせ!~

IT関係(パソコン、スマートフォン)の情報提供をしていくサイトです。

Windowsのゲームで速度を上げたり、値を変化するチートを利用できる「Cheat Engine」

time 2018/02/26

パソコンのゲーム進行速度を自由自在に変更したり、ステータスを変化させてスムーズにゲームを進行させたい時ってありますよね。
このことをチートと呼ぶのですが、主にゲームの進行を楽にさせるために利用されている行為です。

チートツールは複数存在していてどれが一番使いやすいのかわからない方もいるようです。

今回は、誰でも簡単に速度ハックや値を変化させることが出来るCheat Engineを紹介したいと思います。

Cheat Engineは数あるチートツールの中でも見やすいメニューと使いやすさが特徴で、基本的な事をしっかりと理解していれば手軽に使用できるチートツール。
公式ではないものの、日本語にも対応させることが出来るため操作に迷うこともありません。

使い方によってはゲームが面白くなくなってしまいますのでほどほどに。

Sponsored Link

Cheat Engineをインストールする

Cheat Engineをインストールする前に注意しておきたいことが、どんなゲームにチートを適応するかということです。

オンラインゲームでは、会社や他のプレイヤーにとって非常に迷惑な行為なので利用してはいけません。

Cheat Engineを利用した損害等は当方責任を取ることは出来ませんので、自己責任の上このツールを利用して下さい。

Cheat Engineはdark byte様が無償で公開しているフリーソフトで公式サイトからダウンロードすることが出来ます。
Cheat Engineの公式サイトへ

公式サイトにアクセスしたら、Download Cheat Engine ◯.◯をクリック
(画像は2018年2月における最新のバージョンです)
Cheat Engineをインストール01

ダウンロードしたプログラムを起動するとインストーラーが開始されます。
他のツールと同じようにインストールする場所やショートカットの有り無しを選択するだけでインストール出来るのですが、途中で不要なソフトを強制インストールされるトラップが仕掛けられているので何も考えずに進まないようにしましょう。

バージョン6.7ではHao123が強制インストールされてしまうので、チェックを外してからNextをクリックして下さい。
Cheat Engineをインストール02

チュートリアルを行うか聞かれますが、英語がわからない方はNoをクリックしてスルーしましょう。
Cheat Engineをインストール03

これでCheat Engineをインストールすることが出来ました。

Cheat Engineの日本語版について

Cheat Engineは日本語非対応のソフトなので、英語が苦手な方にとっては扱いが難しくなるかもしれません。

その場合公式サイトで指定のバージョンをインストールし、有志の方が配布している日本語化ファイルをダウンロードして適応させることで日本語に対応させることが可能です。

日本語版における最新のバージョンは6.5.1に限定されてしまいますが、通常の利用であれば問題ないと思われます。

Cheat Engineの公式サイトにアクセスしてCheat Engine 6.5.1 and older on githubをクリック
Cheat Engineをインストール04

下の方にスクロールさせていくと、6.5.1があるのでCheatEngine651.exeをクリックしてダウンロードします。
Cheat Engineをインストール05

他のインストーラーと同様、途中でAvast!を強制インストールされてしまうので、該当するチェックを外してからNextをクリック
Cheat Engineをインストール06

インストールが完了したら、Cheat Engineは一度終了しておきます。

続いて、日本語ファイルを配布しているDukeDogDukedomのサイトにアクセスして斧(国内鯖)をクリック
Cheat Engineを日本語化01

しばらく待っているとSKIP THIS ADが表示されるのでコレをクリック
Cheat Engineを日本語化02

ダウンロードボタンをクリック
Cheat Engineを日本語化03

ダウンロードするをクリックするとファイルが自動的にダウンロードされます。
(ダウンロードされない場合は、サイトのこちらをクリックしてみましょう)
Cheat Engineを日本語化04

ダウンロードしたファイルを解凍すると4種類のファイル、フォルダがありますので、使用方法以外のデータをCheat Engineをインストールしたフォルダに全て上書きします。
Cheat Engineを日本語化06

以上で日本語化作業は終了です。
Cheat Engineを起動してみて、しっかりと日本語表示されているか確認しましょう。
Cheat Engineの使い方01

Cheat Engineの使い方

Cheat Engineを使用する前にゲームをあらかじめ起動しておいて、プロセスを選択する必要があります。

まず、左上のアイコンをクリックします。
Cheat Engineの使い方02

起動しているゲームのプロセスを選択して開くをクリック
Cheat Engineの使い方03

これでチートを利用する準備は整いました。

これから、ゲームの速度を高速化する方法とゲームのあらゆる数値を変更する方法を紹介します。

ゲームの速度を上げる

速度ハックを利用することでゲーム内の進行スピードを速くすることが出来ます。
RPGのレベル上げや同じ作業を繰り返すといった場面で使用すれば、時間の短縮となって活躍出来るでしょう。

逆に、低速化することも可能です。

速度ハックを有効化にチェックを入れると、速度の調整をするバーが表示されます。
Cheat Engineの使い方04

バーをスライドさせて好きな速度に変更させて、適用をクリック。
(0倍~500倍から自由に変更出来ますが、速度の変化が高ければ高いほどCPUの負担も大きくなる場合があります)
Cheat Engineの使い方05

起動しているゲームに戻り、速度が変わっているか確認しましょう。

注意したいことは、全てのゲームに適用できるわけではないということ。
種類によって速度の変化が見られない場合がありますが、この場合は対応していないゲームということで諦めましょう。

ゲーム内の数値を自由に変更(固定)する

Cheat Engineを使用すれば、お金や体力、経験値といったゲーム上の数値を好きな数字に書き換えることが可能です。
方法も非常に簡単なので、知識がなくても簡単に使用することが出来ると思います。

今回は例としてお金を増やしてみます。

まず、起動しているゲーム上のお金の数値をCheat Engineにある値の部分に入力をして、新規走査をクリックします。
Cheat Engineの使い方06
Cheat Engineの使い方07

サーチが完了すると左の空欄がアドレスで埋め尽くされていると思います。
これは検索した数値の結果をあらわしているのですが、数が多すぎるためもっと絞り込んでいきましょう。

ゲームをある適度進めてお金の数値を変化させて、変化した数値をCheat Engineにある値の入力欄に入力して次を走査をクリック
Cheat Engineの使い方08
Cheat Engineの使い方09

この作業をアドレスが一つになるまで繰り返していきます。

アドレスが一つになったら、アドレスを指定してからアドレスリストからコピーするボタンをクリック。
Cheat Engineの使い方10
すると、下の空欄に指定したアドレスが追加されます。

値の部分をダブルクリックすると、値の変更ウィンドウが表示されるので好きな数値を入力してOKをクリックします。
Cheat Engineの使い方11

ゲーム画面に戻ってみましょう。正常に数値が書き換えられていれば成功となります。
Cheat Engineの使い方12

ゲームによっては値をうまく検出できないときがあるようです。

この場合値の表示に別の数字を使用している場合があるので、チートを使うことは出来ません。


以上がCheat Engineを利用してチートを行う基本的な作業です。
難易度は上がりますが、使い方をしっかりと理解することが出来ればアイテムの変化や無敵状態などさまざまなことができるようになります。

ただ、ゲームにおけるチートは便利な物ですが自分だけで楽しむ目的で利用しましょう。

くれぐれも多人数でプレイするゲームではチートを利用しないように。
相手を不快な思いにさせるだけではなく、ゲームの楽しさを著しく低下させてしまう原因にもなります。

また、オンラインゲームにおけるチート行為は刑罰の対象になりますので取り扱いには注意して下さい。

Sponsored Link

down

コメントする




Sponsored Link