くろねこはうす~IT情報のことならクロネコにおまかせ!~

IT関係(パソコン、スマートフォン)の情報提供をしていくサイトです。

windows搭載のクラウドファンティング商品をまとめてみた

time 2017/02/21

クラウドファンティングとはネットワークを通じてお金を寄付してもらい、集まったお金でオリジナルの商品を完成させようというサービスです。
逃げられるという大きなデメリットがある反面、夢やロマンあふれる設計を毎回してくれるのでどうしても期待してしまいますね。

特に小型化したパソコンはとっても魅力的で、ビシネスからゲーム用途といった場面で活躍できそう。

メーカーでは販売していないものばかりなので、ガジェット好きにはたまらない商品です。

Sponsored Link

クラウドファンティング製品とは

クラウドファンティングとは個人や組織で商品の開発をおこなう人々に、
お金を投資して支援する方法である。

クラウドファンティングによって製作される商品は、他のメーカが販売していないような個性的な物が多く、保障を受けにくいのが特徴です。

販売されるまでの工程

  • 世界中のユーザーから資金を集める(投資する)
  • 指定の金額に到達すると開発が開始される
  • 商品の開発が完了すると、投資した人から順番に発送される
  • 量産が成功すれば、代理店などで一般人が購入することが可能になる。

大体の製品は以上の4工程で開発、販売されます。

投資する際のメリットとデメリット

当然、有名メーカーではない所にお金を投資するので、
メリットとデメリットがあります。

メリット

・他では入手できないような魅力的な商品が手に入る
・投資をしていれば誰よりも早く製品を入手できる

デメリット

・お金を開発以外に使用される可能性がある
・開発に失敗しても、ほとんどの場合はお金が返ってこない
・製品に不具合があっても保障があるかはわからない

このように、良いことばかりではなく不安要素というリスクもあります。
なので、ユーザーの情報をよく確認して信頼できる
クラウドファンティングに投資をしましょう。

windows搭載クラウドファンティング製品一覧

このページでは、windowsが搭載されている
クラウドファンティング商品を紹介していきます。

現在販売中の製品

gpdwin

GPD社が手がけるキーボードとゲームパッドがついた
ウルトラモバイルPCである。
5.5インチと小型な大きさにもかかわらず、CPUはX7-Z8700を搭載しているため
ゲームも設定しだいでは快適にプレイ可能です。

数ヵ月後、GPD Win改(リニューアル版)が発売。
変更点はいくつかの不具合が修正されたことと技適マークが刻印されたこと。
キーボードの仕様が変更されてタイピングしやすくなり、
ゲームパッドのゴムの耐久性が向上しました。

さらに、日本で使用するには必須な技適マークが付いたため
安心して使用できます。現在は赤札天国で販売中です。

GOLE1

中国Gole Technology社が開発したwindows10とAndroid5.1の
デュアルブート搭載UMPC
インターフェースもしっかりとついており、外部ディスプレイへの拡張や
USBによるマウスの使用等、使い方の幅が広がります。

ポケットに入る大きさから、ビシネスシーンで役に立つでしょう。
ただし、ゲームをプレイするには少し厳しいです。
なお、保障サービスもしっかりと対応しているため、安心して購入も可能。
現在はヴェルテにて保障付きで販売しています。

現在開発されている製品

PGS

windowsとandroidのデュアルブートに対応したUMPCです。
CPUにはAtom x7-Z8750を搭載し、ゲームパッドがついているので
ゲームが快適にプレイできます。

2G/3G/LTEの通信が可能ということでSIMカードに対応しているかも?

現在では「PGS Lite」「PGS Hardcore」の2つのバージョンから選び
予約できるようになっています。
上位版の「PGS Hardcore」では、2画面構成になり、
画面の解像度、メモリー、ストレージ、インターフェースが増加しています。

さらに色も白、黒、ピンク、青、黄色とバリエーション豊富です。

公式ページにて予約は出来ますが、まだ見送ったほうが良いでしょう。

あまりの高性能っぷりとインターフェースの豊富さから、
開発されればPC業界に激震が走ること間違いなしですね。

SMACH Z

6インチのタッチスクリーンにAMDのクアッドコアを搭載したUMPCです。

折りたたみ式ではないため、少しかさばるかもしれません。
CPUはAMDを使用しているため、intelよりは性能が落ちてしまいますが、
内臓GPUが優秀なためゲーマーにはうれしい使用です。

上位版のSMACH ZPROではメモリとストレージが増加し、
カメラでの撮影や4G通信が可能になります。

ボタンを自分の好きなようにカスタマイズできるので、
操作がしにくいゲームやボタンが足りないゲームでも安心してプレイできますね。

発送は4月を予定しており、海外製品の販売代理店INDIEGOGOで予約が可能です。

GPD Pocket

評価が高いGPD WINの開発に成功したGPD社から開発の告知がされた
超軽量なUMPCです。

今回はキーボードのみでゲームパッドはつきませんが、高級感やスペック、
インターフェースともに最高クラスで、大手会社が販売しているパソコンの
性能以上を引き出すことが可能となります。
その性能は「Microsoft Surface 3」をしのぐほど素晴らしいものです。

現在開発中ですが、GPD WINも成功させたので、
今回も成功することが期待できそうですね。
この製品はINDIEGOGOにて投資をすることが可能です。

開発が中止された製品

SyncPhone

厚さ約10mmという小型な端末に、

  • Atom x7-Z8700、
  • カメラ、
  • デュアルブート、
  • nanoSIM搭載
  • メモリ8GB

これだけの要素を搭載しようとしたスマートフォン。
あまりの無茶振りから不信感があったのか、
投資の目標額に届かず中止されてしまった。

WiBoard

なんと、iPadでwindowsが起動できるようになるキーボードです。
本来なら、本体にOSを入れなければ起動できませんが、
この製品はキーボードにWindowsのOSを入れることで解決しようとしました。
残念ながら目標資金に届かず、プロジェクトが破綻してしまいました。

Sponsored Link

down

コメントする




Sponsored Link