くろねこはうす~IT情報のことならクロネコにおまかせ!~

IT関係(パソコン、スマートフォン)の情報提供をしていくサイトです。

GPD WINがGPD WIN改にリニューアル版して登場!改良点は?

time 2016/12/25

保護シート、充電器に関してはコチラ!
GPD Winと一緒に購入しておきたいアイテムとは

GPD WIN のリニューアル版がwelteにて予約が開始されています。

現在の価格は、44800円送料込みで出荷予定日は
2017年の2月となっています。

1月1日以降は、52800円になるみたいなので、
欲しい人は以下のサイトで予約しておきましょう。

http://welte.jp/ca3/37/p-r-s/

※Amazonにて改良されたGPD Winが販売しています。
値段も安くなっているのがうれしいですね。

改良された点は以下のとおりです。
・十字キー、A/B/X/Yに使われているシリコンパッド部品の品質向上
・メタルドーム部品の改良によりキーボード入力がより速く快適に
・ゲームパッドの反応速度の向上
・マウスモードの快適性/ポインタ位置の精度が向上

Sponsored Link

そもそもGPD WINとは

GPD WINとは、クラウドファンディングとして出資していた、
UMPC(ウルトラモバイルPC)です。

2016年3月に出資を開始し、目標を4月26日には達成、
10月20日に発送が開始し出資した人たちに届き始めます。

この機械の最大の特徴は、ディスプレイの大きさが5.5インチと超小型ながら、
キーボードとゲームパッドまで詰め込んでいます。
OSはWindows10を搭載していて、インターフェースもたくさんあるので
バッチリパソコンとして機能します。

しかしデメリットも存在し
OSのライセンス認証が弾かれたりスリープから立ち上がらなくなったり
しているらしい。
その他不具合が存在します。

GPD WINのスペック

OS Windows10 HOME 64bit
本体カラー ブラック
ディスプレイ 静電容量5.5インチHD(1280×720)解像度、H-IPS方式、マルチタッチパネル、267ppi、第三世代ゴリラグラス
SoC インテル Atom X7-Z8700
GPU インテル HDグラフィックス
メインメモリ 4GB(LPDDDR3)
ストレージ 64GB(フラッシュメモリ、eMMC4.51接続)
ネットワーク 無線LAN(IEEE 802.11a/ac/b/g/n)、Bluetooth 4.1
拡張端子:HDMI-C×1、USB-C×1、USB-A×1、TFスロット(最大128GB)、3.5mmヘッドホン端子
内蔵バッテリー:リチウムポリマー充電池、6900mAh、駆動時間6~8時間
本体サイズ 155×96×23.5mm(幅×奥行×厚さ)
重量 365g
入力デバイス アルプス電気製ジョイスティック、A/B/X/Y(△/○/X/□)、ボリューム+/-、十字、QWERTYキーボード、L1/L2/R1/R2
その他 マイク、スピーカー内蔵
技術基準適合(技適)認証取得

結局welteのGPD WINはどうなのか?

ある程度の改良はされているものの、まだ怪しいので購入する人は注意が必要。

また、中国製品なので初期ロッドのパーツとかが混在していそうな気がする。

しかし、同じような製品は日本に存在しないので、
お金に余裕があり興味がある人は購入してみるのもいいかもしれない。

Sponsored Link

down

コメントする




Sponsored Link