くろねこはうす~IT情報のことならクロネコにおまかせ!~

IT関係(パソコン、スマートフォン)の情報提供をしていくサイトです。

ヤフオク!の商品説明をわかりやすくして入札率アップ!「即売くん」

time 2017/12/26

ヤフオク!の商品説明をわかりやすくして入札率アップ!「即売くん」

即売くんはヤフオク!で出品している方へ向けて作成された出品支援ツールです。

オークションで商品を出品してみたはいいものの、なかなか売れなくて困ってしまうことはありませんか?
その場合価格を見直すのも大切なのですが、相手にわかりやすいようにする工夫もとても重要です。

説明文の見た目をきちんと設定していきたいのであれば、フリーソフトの即売くんを利用するのがおすすめ。

HTMLを知らなくても、テンプレートの設定をして説明文を入力すれば簡単に見やすい商品説明文を作ることが出来るのがこのツールの魅力です。

見栄えは商品の売れ行きにも大きく左右する重要なことなので、手を抜かずしっかりと設定していきたいですね。

Sponsored Link

即売くんをインストールする

初めに即売くんを以下の公式サイトにてインストールします。
Nonckyさんの公式サイト

ダウンロードをしたexeファイルを起動すると即売くんのセットアップが開始されます。
インストールはとても簡単でセットアップの指示にしたがっていけばあっというまにできてしまいます。
特に注意する点はありません。

即売くんの使い方

初めて利用する場合は発送エリア、Yahoo!ID、支払方法の詳細を入力する画面が出るのでそれぞれ入力していきましょう。
支払方法の補助説明は必ず設定する必要はありません。
即売くんの使い方01
自分が発送するエリアとYahoo!IDだけ入力して設定保存をクリックします。

続いて、よく利用する発送方法と代金の受け取り方法を入力していきます。
その他の設定と不要項目の設定は必要があればチェックしておきましょう。
即売くんの使い方02
よく出品する物にあわせて設定しておくと便利になります。
デザインの設定に関しては後で見ながらできるので今回は飛ばします。
※上記2つの設定は後ででも変更することが可能です。

以上で初期設定は終了なので、使用する準備が整いました。

即売くんの使用方法

続いて即売くんを使用して文章を入力するところから、出品するまでの手順を解説していきます。

その前にあらかじめ自分が利用するデザインを決めて、設定しておけば後が楽になるので変更しておきましょう。

説明文のデザインを変更する

即売くんを利用すれば、HTMLの知識がなくても簡単にデザインを変更することが可能です。

初めにタイトル、商品説明、注意事項、発送詳細の欄に適当な文章を入力しておきましょう。
テストなのでどんな文章でも構いません。
続いて左上のデザインの設定欄から種類、カラー横幅を選択していきます。
即売くんの使い方03
決まったらプレビューボタンを押してみましょう。

すると、指定のブラウザで見本を見ることが出来ます。
即売くんの使い方04

どうでしょうか?真っ白な背景にただ文字があるよりも見やすくなりましたよね?
これを納得のいくデザインになるまで繰り返します。

お気に入りのデザインが決まったら、設定を保存していきます。
オプションタブ→ユーザー設定→初期状態設定とクリックすると最初に設定をした項目が表示されます。
即売くんの使い方05

そしてデザイン設定を先ほど決まったデザインと同じように設定していって、設定保存を押して完了です。

これで、あなたのお気に入りデザインがデフォルトとして設定されたので、いちいち変更する必要がなくなりました。

オークションに出品する

さて、デザインが決まりましたら実際に出品してみましょう。

まずはタイトル、商品説明、注意事項、発送詳細に出品する商品に合った文章を入力していきます。
続いて送料と支払方法を設定していくのですが、インストールした時に初期設定を済ませておけば自動的に反映されているはずです。

変更したい部分があったら微調整していきましょう。

すべての項目を入力し終わったら完成をクリックします。
即売くんの使い方06

あとはコピーボタンを押してヤフオクの商品説明欄に張り付けるだけなのですが、注意点としてヤフオク!側で紹介文をHTMLモードにしておくことと、PRの文章は絶対に消さないようすることを守って利用してください。
即売くんの使い方07
即売くんの使い方08

以上で即売くんの使用方法の説明は終わりです。

説明文が見やすくなればユーザビリティが向上して入札率も上がると思いますのでぜひ、試してみてくださいね。

Sponsored Link

down

コメントする




Sponsored Link