くろねこはうす~IT情報のことならクロネコにおまかせ!~

IT関係(パソコン、スマートフォン)の情報提供をしていくサイトです。

windows10にセキュリティ対策は不要?その理由とは。ウイルスソフトはいらないと思っている方に警告!

time 2018/06/07

パソコンを購入してまず初めにしておかなければならないのはウイルスソフトをインストールしてセキュリティ対策をすることです。

現役OSであるWindows10にはウイルスソフトはいらないと思っている方もいるようです。

しかしこれは本当に正しいことなのでしょうか?

リスクを負いたくないのでウイルスソフトは購入してでも入れたほうがいいと感じています。

今回はWindows10にはウイルスソフトがいらないのかという疑問について解説していきたいと思います。

Windows10を初めて使用して、セキュリティ対策はどうしたらいいのかわからないという方はぜひ参考にしていただきたいです。

Sponsored Link

Windows10にはウイルスソフトがあらかじめ入っている

ところどころで耳に入るのがWindows10にはあらかじめウイルス対策がされているので、わざわざ用意する必要がないということ。

これは本当で、たしかにWindowsDefenderというウイルスソフトがプリインストールされており、最初から有効になっています。

Windows10の一部として組み込まれているわけですから、使用し続けていくかぎり更新料等が必要なく無料で使用できるというメリットがありますが、デメリットもしっかりと頭に入れておかなければなりません。

WindowsDefenderの性能について

正直にいって、ウイルスを駆除する能力はあまり優秀だとはいえません。
大手企業のウイルスソフトと比べると中の下といったところでしょうか。

確かにウイルスは自動的に検知して排除してくれるのですが、未知のウイルスに関してはセキュリティ性能が低いので新しく作成されたウイルスに弱いということになってしまいます。

唯一良いところをあげるとすれば動作がとても軽いという点です。
WindowsDefenderを有効にしておいてもウイルスソフトが入っているような影響はほとんどないため快適にパソコン作業をすることができます。

性能に関してはあまり過信せず、あくまでも補助的機能として使用するようにしましょう。

ショッピングをたくさんしたり、パスワードなど大切なデータを入力する場面が多いのであれば最低でも低価格のウイルスソフトくらいは入れておかないと大変なことになりかねません。

低価格でも利用できるウイルスソフトを厳選!

Windows10にウイルスソフトは本当にいらない?

ウイルスソフトをインストールしないかどうかは、人によって変わると思います。

今のところ進んでWindowsDefenderを使用する理由はあまりありません。
性能が同じかそれ以上の無料ウイルスソフトもインストールすることが出来るからです。

ウイルスに感染してしまうと個人情報の流出やデータ破損など不利益しかおこりません。
WindowsDefenderはWindows10のおまけといった感じにとらえておいて、ウイルスからしっかりと守りたいのであれば有料ウイルスソフトをインストールすることをオススメします。

重要ではないデータを取り扱う場合はWindowsDefenderに頼ってしまってもいいかもしれません。

ウイルス対策は軽く考えてはダメ

いかがでしたか?

Windows10はウイルスソフトが初めからインストールされているので、パソコン初心者からすると安心してしまいますね。

WindowsDefenderは最低限の機能しか備わっていないため、そのまま使用し続けるのは大変危険な行為です。

ウイルスソフトはいらないという誤解をしないようにセキュリティ対策だけは必ず行うようにしましょう。

Sponsored Link

down

コメントする




Sponsored Link